IMG_0031

ユニオンクリエイティブ様
より発売されました、To LOVEる-とらぶる-ダークネス 金色の闇 ホワイトトランスver. フィギュアレビューです。



白く神々しい衣装に身を包んだ、ヤミちゃんの新作フィギュアがユニオンクリエイティブ様より着弾しました。実物がどのような形になるのか、非常に気になるフィギュアでしたので、レビューするのを楽しみにしておりました。


それではお付き合いの程よろしくお願いいたします。

IMG_0053

純白の衣装とさらけ出されたふとももが眩しい

普段のイメージカラーの黒ではなく、純白の衣装に身を包んだヤミちゃんの姿は、驚きと新鮮さにあふれ非常に印象的。

丈の短い衣装から大胆に零れ落ちるふとももは神々しくもそそられるものがあります。

IMG_0052

成型色の調整は良くできているように見えます。衣装の純白さと良くマッチする透き通るような肌質。


IMG_0050

たなびく金髪は躍動感にあふれ、衣装のはためきとあわせて生き生きとした動きを演出している。

20200202-IMG_0055

20200202-IMG_0057

かなり情報量の多い髪の造形。細かく流麗に形づくられており、このフィギュア最大のこだわりポイントでしょう。素晴らしいと言える出来栄え。

20200202-IMG_0064

20200202-IMG_0065

20200202-IMG_0069

20200202-IMG_0059

20200202-IMG_0060

20200202-IMG_0058

20200202-IMG_0073

衣装の質感は近くで見るとややプラスチッキーな感じが否めない。ベルトの金属部分の塗りも少し不安定。

20200202-IMG_0074

しかしながら、マント部分や内側のパステルピンクの塗装は非常に美しい出来栄えです。

20200202-IMG_0062

20200202-IMG_0063

20200202-IMG_0070

後ろ髪の造形の素晴らしさと相反して、前髪のデキはこのフィギュアのウィークポイントと言える。
以前レビューした水着ver.でも少し見え隠れしていましたが、今回は目に見えて分かるくらいのバリの多さと表面の処理の甘さがありました。この写真ではガッツリ光を当てているので分かりづらいですが、蛍光灯下で見ると結構凄いことになります。

ここら辺は塗る前にハッキリと分かることだと思うので、よろしくないですね。

20200202-IMG_0071

やや大人びた感じのするデコマスと比べ、量産品では幼さが多分に出た感じに仕上がっています。
原因はアイプリの大きさでしょう。量産品ではアイプリがやや大きめになっている印象です。

デコマスのお顔に惹かれて購入した方にとっては、少し違和感のある結果かもしれません。

個人的にはこれはこれで良いと思っています。


20200202-IMG_0072


IMG_0101

少し残念な点もありましたが、全体的な雰囲気はとても良いフィギュアです。

IMG_0102

IMG_0104

IMG_0106

IMG_0108

IMG_0124

IMG_0126

IMG_0127
IMG_0132



総評

製品として気になるところはいくつかありましたが、全体的に見れば神々しく美しいヤミちゃんの姿を再現できており、なかなか良いフィギュアに仕上がっていると感じました。

ただ、ノンスケール全高20㎝で相場17000円のフィギュアと考えると、前述の髪や塗装の具合を加味すればいささか割高感が出てくるのも事実。

実際、このフィギュアと同等の価格帯はもとより、1万円台前半の価格設定がされた他社のフィギュアでも品質的にこのフィギュアより優れたものも多く、少し残念なところであります。

私がかつて感動した古手川や美柑のトランスver.の、あの品質を安定化することが出来れば、この価格帯でも満足感の高いフィギュアになるのではと思うところです。


それではこれにて終了とさせて頂きます。お付き合いいただきありがとうございました。