IMG_7399

 FREEing様より発売されました、B-style 艦隊これくしょん -艦これ- 島風 フィギュアレビューです。


久しくフィギュア化がなされていなかった、島風の新作フィギュアが弾着いたしました。
しかも、今回は1/4スケールという大ボリュームでの登場です。

島風フィギュアの決定版になれるのか?大変注目しておりました。


それではお付き合いの程よろしくお願いいたします。


IMG_7400

まさにオンリーワンな島風

島風フィギュア初の1/4スケールでの立体化。まさに圧倒的なボリューム感!
まさにオンリーワンな島風である。

ちなみに艦これフィギュアでは、B-style発足の最初期に伊168が立体化されている。

IMG_7401

もはや伝説的とも言っていいほどの、さまざまな属性が詰め込まれた神デザイン。

IMG_7403

それが1/4のビックスケールで登場だ。比較用に、以前レビューしたプライズ島風とのツーショット。プライズ島風は全高20㎝なので、1/4島風がいかに大きいか分かるというもの。

IMG_7451

B-styleとしては珍しいそのままの状態での立体化。
限られた大店にしか卸されず、税込み30000円に迫る値段ながらもかなり早く売り切れてしまいました。


IMG_7422


一点の曇りもない塗装のデキに感動

大きな分、塗りやすいというのもあると思いますが、とにかく高クオリティな塗装は感動モノ。
塗りムラや塗装のはみだしは見る限りありません。

IMG_7423

島風ほどの艦娘になれば、監修もそれなりに厳しかったのではないでしょうか?

IMG_7424

島風の代名詞の一つ、五連装酸素魚雷もバッチリ再現。史実では島風にのみ搭載された、93式酸素魚雷発射管を5本に増加させた最強バージョン。造形のクオリティの高さもすごい。

IMG_7404

93式酸素魚雷は、大戦後ロングランスとも呼称され、帝国海軍の兵器を語る上では外せない存在になりました。高射程で高威力。無航跡で海の中から這い寄る超高性能魚雷。お値段も超高価で、これ一本で豪邸が建つほど。現代で言うトマホークとかとおんなじ感覚です。

IMG_7407

IMG_7419

特にこの紅白のボーダーニーハイの塗装がとてもキレイ。墨入れもバッチリです。

IMG_7405

IMG_7437


大胆にデフォルメされたお顔が可愛い

他の島風フィギュアとの差別化でしょうか?大胆なデフォルメだと思いますが、元絵の可愛さは全く失われておらず、とても印象深い趣です。

IMG_7416

元絵よりもだいぶ大きい瞳。アイプリは綺麗に貼られています。

IMG_7417

良い脇です(´ρ`)

IMG_7418

造形は今をときめく大人気造形師、グリズリー・パンダ先生。

IMG_7431

IMG_7433

IMG_7425

大胆にさらけ出されたTバックがほんとドスケベ。

IMG_7426

IMG_7427

非常に丈の短い煽情的なプリーツスカート。島風は代名詞が多すぎて困ります(笑

IMG_7435

IMG_7429


この尻を、、、ビックサイズで見て見たかったかったんだよ!!


もう大興奮です。。。このお尻をおっきなサイズで見るのが夢でした。まさに感無量( ˘ω˘ )

IMG_7411

IMG_7410

連装砲ちゃんも3体そろい踏み

連装砲ちゃん(大)にいたっては、1/8スケールのフィギュアにも負けないド迫力です。

IMG_7414

IMG_7408

ぼくも島風の脇に抱えられたいです!

IMG_7412

IMG_7430


あくまで私見ですが、今の島風のスケール化はこれが最後になるのではないでしょうか。

IMG_7439

艦これがサービス開始してからはや6年。初期の人気をけん引したのは紛れもなく島風だったと思います。まさに艦これを象徴するキャラクターです。

IMG_7440

ただ、ここ最近は相次ぐ新艦娘の登場や性能面での地位低下により、影が薄くなってしまった印象。
まずは時報を。叶うならば早期の改二実装を。これほどの艦娘になれば難しい面もあるのでしょうが、早く新しい島風が見てみたいですね。

IMG_7441


IMG_7450

IMG_7448

「私には誰も追いつけないよ!」

IMG_7447





総評

サイズ感・塗装・造形ともに会心のデキと言っても過言ではないでしょう。特にビックスケールの満足感・所有感は絶大です。まさに現行島風フィギュアの決定版。非常に良い買い物でした。



それではこれにて終了とさせて頂きます。お付き合いいただきありがとうございました。